BTC: 708,995円 / ETH: 33,220円 
エンジェル投資入門

何に投資する?迷った時はエンジェルリストを探しに行こう!

エンジェルリスト

エンジェルリストという言葉を聞いたことありますか?

名前からしてなんだかいい響きの「エンジェルリスト」、一体どんなものでしょうか?

はなえる
はなえる
みかえる、がぶりえる、ありえる・・・
びずぷら
びずぷら
エンジェルさんの一覧という意味ではありですが・・、何かが違う。

エンジェルリストの発祥は、アメリカのAngelListと呼ばれる巨大SNSです。投資をお願いしたいスタートアップ企業とエンジェル投資家を結びつけるSNSであり、クラウドファンディングとしての機能もかねています。

このエンジェルリストは非常に注目を集めました。なぜ、エンジェルリストが注目されているのでしょうか?

この記事ではエンジェルリストの特徴とともに概要を解説していきたいと思います。

エンジェルリスト3つの特徴

 

はなえる
はなえる
新たな資金調達の仕組み、オープンな情報共有、プロに相乗り投資可能。この3つが特徴だね!

1. 時代の要請!新たな資金調達の仕組み

エンジェルリストのベースにあるのは「不特定多数のエンジェル投資家を募ることができる」という仕組みです。

これは法律の問題もあり、以前は不可能だったものです。アメリカでも2012年の法改正で可能となりました。比較的最近の出来事ですね。

びずぷら
びずぷら
それまでは個人的なつながりによるエンジェル投資が主流でした。

エンジェルリストができたことにより、資金を調達したいベンチャー企業があつまり、それに投資したいエンジェル投資家が集まるという場が形成されました。

今までのスタートアップ企業はベンチャーキャピタルやごく一部の投資家から資金調達を行うことが主流でしたが、不特定多数の一般投資家から資金調達を可能にしたことを意味しています。

エンジェルリストの登場により、ベンチャーキャピタルの役割の一部がエンジェルリストに移ったとも言われています。今後ベンチャーキャピタルにとっては、エンジェルリストの存在は脅威となるかもしれません。

ただしエンジェルリストで投資をするためには、一定の年収、資産、投資経験等を満たした「Accredited Investor(適格投資家)」として証明をすることが必要です。誰でも入れるわけではありません。

はなえる
はなえる
ベンチャーキャピタルに説明周りしなくてよくなるんだね!

2. オープン!投資履歴の情報共有

プロ投資家や有名な投資家が、今までどこに投資をしてきたのか、今どんな企業に注目しているのかは非常に興味があります。

もし尊敬する投資家が出資している会社が、追加で資金募集をしていたら自分もその企業に興味を持ちませんか?

エンジェルリストでは、投資家のプロフィール欄に過去の投資経歴が乗っています。その人がどのような企業に投資してきたのかわかる仕組みです。

また起業家側のプロフィールにも、どのような投資家が出資しているのかリストで表示されます。そのため有名エンジェル投資家が出資している企業は、追加の資金調達もしやすいという状況が生まれているのです。

一般的に言われていることですが、プロ投資家が投資している案件というのは成功率が高いと言われています。

スタートアップへの投資といっても、本当に産声を上げたばかりや立上げのための投資ばかりではなく、ある程度軌道にのったベンチャーが、追加で資金調達を行うケースも結構あるのです。

このタイミングでは、すでに投資しているのが誰なのか、これが一つの投資判断材料になりえます。プロが目利きをして投資をしたベンチャーなのかどうか、この事実が投資の成功率を高める可能性があるのです。

はなえる
はなえる
えーと、びずぷらくんの投資先はっと?

3. 相乗り!エンジェルたちの交流が加速!

エンジェルリストで一つおもしろい機能が「シンジケート」と呼ばれるものです。

これは経験豊かなエンジェル投資家が、自分が投資する企業の資金調達目標を達成するために、他のエンジェル投資家を誘う機能です。

スタートアップ企業は人知れず存在することもあります。そんな企業をみつけたプロエンジェル投資家が、他のエンジェル投資家に出資を呼びかける機能です。当然ですがシンジケートをリードする人は誰もがなれるわけではありません。

しかしベンチャーキャピタルを通さずに、エンジェル投資家が交流して資金を集めることが可能になったということは驚異的です。ベンチャーキャピタルは、ますます大変な時代になったと思っていることでしょう。

シンジケート機能のように、エンジェル投資家の側から働きかける仕組みもエンジェルリストには存在しています。非常に興味深い。

はなえる
はなえる
私も投資するから、あなたもおいで!

日本版エンジェルリストになれるか。エメラダ、ファンディーノに注目です。

注目

日本ではまだアメリカのエンジェルリストと同レベルのサービスは存在しません。ただし、日本でもアメリカを追随する流れは確実に出来ていると感じます。

エメラダはプロ投資家がすでに投資をしている案件のみを扱うことが特徴です。つまり、すべて相乗りを前提とした案件なのです。この点は本家AngelListのシンジケートと同じです。

ファンディーノは必ずしもプロ投資家の案件ばかりではありませんが、プロ投資家の相乗り案件を増やそうとしているようです。

しかし、まだエンジェルリストのようなSNSを使ったオープンプラットフォームではありません。シンジケート機能も存在しません。

びずぷら
びずぷら
なかなか難しい面もあるんだとは思います。がんばって欲しいです。

いずれにせよ日本でも投資の選択肢が広がることは、いち投資家として歓迎です。今後も日本版エンジェルリストを目指す企業が現れることを期待します!

日本版のエンジェルリストも登場しました。まだこれからのサービスですので、期待して待ちましょう。

びずぷら
びずぷら
エンジェル投資家たちの交流は次の課題ですね。
あわせて読みたい
日本版エンジェルリスト
本気でエンジェル投資家になる!日本版エンジェルリストこんにちは、エンジェル投資家のびずぷらです。 2017年から株式投資型クラウドファンディングがリリースされました。 10万円...
ABOUT ME
びずぷら
びずぷら
エメラダでエンジェル投資をはじめました。まだまだマイナーな投資方法ですが、ニッポンのために盛り上げていきたいと思います! 本家のサイトでは思考力・行動力・マネジメントについて本気で書いています。
プロの投資家へ相乗り投資 エメラダ・エクイティ

エンジェル
エンジェル投資を始めるなら、エメラダ・エクイティが絶対おすすめ。14万円から開始できます。

きっと、あなたの応援したくなるベンチャーが見つかるはず。さあ、熱量のある投資を始めよう!

今すぐ始める