BTC: 708,125円 / ETH: 33,210円 
エンジェル投資入門

ベンチャー投資Exitまで何年?エンジェル投資家の忍耐期間

ベンチャー投資のExitまで何年?エンジェル投資家の忍耐期間

こんにちは、エンジェル投資家のびずぷら(@bizpla11)です。

株式投資型クラウドファンディングの登場によりベンチャー投資(エンジェル投資)が身近になりました。

しかしエンジェル投資のデメリットとして「すぐに換金できない」があります。

この「すぐに」とはどの程度なのでしょうか?

一般にエンジェル投資の場合、IPOもしくはM&Aにより「投資を回収する」ことをExit(イグジット)と呼びます。

この記事では、ベンチャー投資でExitまでどの程度の期間待てばよいのか、その辺りを探ってみたいと思います。

びずぷら
びずぷら
ちなみにExitとは出口のことですね。ベンチャー投資の場合はポジティブな要素でExitを語られることが多い気がします。

事業投資の場合は、事業からの撤退条件も含めて事前に「出口戦略」を考えておくことが多いです。Exitは必ずしもポジティブな要素ばかりではありません

エメラダ型新株予約権=最長10年

エメラダエクイティ

はじめに株式投資型クラウドファンディングのサービスの提供者は、Exitまでの期間をどう考えているのか見てみましょう。

エメラダ・エクイティでは、エメラダ型新株予約権の期間を最長10年と定めています。

つまり投資してから10年間たつと予約権が消滅します。

最後に株式に転換することは可能ですが、その後のExitの可能性はかなり低いと見られているのです。

10年という投資期間は、一般的なベンチャーキャピタルの運用期間と同じです。この程度は我慢する必要があるのかもしれませんね。

海外の資料を見ていると、長いこと倒産しないけどExitもしない案件を「ゾンビと表現していました。ゾンビ銘柄への投資はできるだけ避けたいですね

エメラダ型新株予約権が10年経過したらどうなるかは、以下の記事にも詳しく書いてあります。

ベンチャー経営者はどう考えているのか?

マネージャー

次に資金調達をしようと思っているベンチャー企業は、どの程度の期間でExitを計画しているのでしょうか?

株式投資型クラウドファンディングのFUNDINNOエメラダで資金調達をしている会社をサンプリングして事例としてみてみます。

会社名投資からExit設立からExit
Bank Invoice株式会社5年7年
株式会社アナムネ6年9年
株式会社Growther6年9年
Far Yeast Brewing株式会社3年9年
株式会社Smart Trade4年6年
株式会社SARAH5年9年

いずれも計画中のものであり、最終的に保証されているものではありません。FUNDINNOは明確にExitの期日を書いてあるわけではないですが、ロードマップの最終の年月で算出しました。

少数の例で恐縮ですが、平均するとクラウドファンディングでの資金調達から5年程度、設立から8年程度でのExitを目指していると言えそうです。

エンジェル投資家目線でいえば、投資時点からExitまでの期間は3年〜6年で計画されています。この期間が忍耐期間ですね。

はなえる
はなえる
でも会社を応援していたらあっという間ですよ!

逆に当初計画のこの期間をすぎてくると、ゾンビ銘柄になり得る可能性も出てきます。

当然ベンチャーなので計画変更が必要な場合もあると思いますが、当初計画に対する進捗をウォッチするということはとても重要です。このサイトでも「エンジェルNews!」で随時配信したいと思います。

びずぷらも投資をしたFar Yeast Brewing社は募集から3年でのExitを計画しているので、かなり早い計画となります。すでに定番商品も順調に販売しており、募集時点のステージが他とは違ったのでしょう。

一方で設立から9年でのExitを目指すという点では、今回の中では平均的なところを目指していると考えられます。

Exitまでの期間の統計データは?

最後にベンチャーがIPOもしくはM&Aをするまでの統計データを見てみます。

出典はSPEEDAの「【2017年最新版】国内ベンチャーのEXIT動向をみる」からとなります。

国内ベンチャーEXITにおいて、設立からEXITまでの平均年数をみる。買収・子会社化・主要株式取得または事業譲渡は、平均年数は8年(中央値6年)であった。IPOでは平均年数は16年(中央値13年)であった 。したがって、買収・子会社化・主要株式取得または事業譲渡のEXIT準備が平均的には早い。

このデータを見ると、ExitとしてIPOなのかM&Aかで期間が変わりそうです。IPOは準備も含めてそうとう大変なのでしょう。

クラウドファンディングの事例から見た数字では、設立から8年でのExit計画が平均値でした。M&Aの場合は妥当な期間とも言えそうですが、IPOを目指すのであればかなりチャレンジングな目標となります。

まとめ

起業家を応援するスタイル

エンジェル投資(ベンチャー投資)は、投資を回収するまでの期間が非常に長いです。ベンチャーがExitするまでの期間がどの程度かを見てきました。

早くて

・投資から5年

・設立から8年

 

遅いと

・投資から10年

・設立から16年(IPO)

あたりを一つの節目としてみておくとよいでしょう。

それでは!

あわせて読みたい
エンジェル投資 はじめに知ってほしい2つのこと
エンジェル投資 はじめに知って欲しい2つのことエンジェル投資はリスクが高いです。それでもとても魅力がある。熱烈なファンになって熱量のある投資をしよう!...
ABOUT ME
びずぷら
びずぷら
エメラダでエンジェル投資をはじめました。まだまだマイナーな投資方法ですが、ニッポンのために盛り上げていきたいと思います! 本家のサイトでは思考力・行動力・マネジメントについて本気で書いています。
プロの投資家へ相乗り投資 エメラダ・エクイティ

エンジェル
エンジェル投資を始めるなら、エメラダ・エクイティが絶対おすすめ。14万円から開始できます。

きっと、あなたの応援したくなるベンチャーが見つかるはず。さあ、熱量のある投資を始めよう!

今すぐ始める