BTC: 377,375円 / ETH: 9,840円 
Far Yeast Brewing

酒税法改正で2018年4月から「ビール」に昇格!

エンジェルNews! Far Yeast Brewing

こんにちは、びずぷら(@bizpla11)です。

今回はビールに関わる法律について解説します。といっても難しい話はいっさい出てこないので大丈夫ですよ。

2018年4月の酒税法改正でビールと発泡酒の定義が変わったというお話です。

発泡酒というと

  • 発泡酒はまずいよね
  • ビールの下位互換のヤツでしょ

というイメージを持っている人も多いかと思います。

しかし実は、本場ベルギービールでさえ日本では酒税法の関係で、発泡酒の扱いになっていました。

はなえる
はなえる
今まで発泡酒を飲んでいたの?
びずぷら
びずぷら
そういうことになるね・・。Far Yeast Brewing社のお酒も酒税法の関係で発泡酒扱いでした
Peach Nightcrawler

2018年3月撮影です。ビールではなく発泡酒って書いてますね・・・

酒税法改正でビールの定義が変わりました

投資革命

ビールの定義が酒税法の改正で2018年4月1日より変わりました。何が変わったかをポイントしぼると下記の二つです。

  1. 麦芽比率の緩和 67%以上 → 50%以上
  2. 香りづけ副原料の種類拡大 果実、胡椒など

とくに2番の香りづけに果実が認められるようになることで、ビールの幅が広がります。

クラフトビールのベンチャー企業Far Yeast Brewing社で作っていた発泡酒も、これからはビールへ昇格です!

先ほどの画像「桃の香りのビール」も発泡酒ではなくビールとして認められますね。

法律なので、細かく言えばいろいろと変わってますが、消費者に影響があるのはこれぐらいです。

また酒税法は今後も2026年に向けて、段階的にビール・発泡酒・第3のビールの税額を一本化する予定です。

そうなるとビールは減税になるため、ビールの販売価格は安くなります!

早速色々なビールが出ています

Far Yeast Brewing

クラフトビール に力を入れているキリンさんも「GRAND KIRIN」から新しいレモンのビールを発売しました。

いろいろなビールが出ることは市場の活性化につながってよいことですね。

ビールといえばスーパードライだった人も、ぜひいろいろな種類のビールを試し欲しいです。

それでは!

びずぷらはFar Yeast Brewingに投資しています。

なぜ投資したかは「キッカケは?びずぷらとエンジェル投資の不思議な出会い」をご覧ください。

ABOUT ME
びずぷら
びずぷら
エメラダでエンジェル投資をはじめました。まだまだマイナーな投資方法ですが、ニッポンのために盛り上げていきたいと思います! 本家のサイトでは思考力・行動力・マネジメントについて本気で書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です