BTC: 704,520円 / ETH: 22,350円 
投資エトセトラ

【30万円節約】まだ本を買ってるの?びずぷら流読書術のススメ(図書館活用)

節約と読書法

こんにちは、節約家&読書家のびずぷらです。

突然ですが、図書館を活用して年間30万円を節約しています!

30万円はびずぷら家(夫婦二人)が1年間に図書館を使うことで節約した書籍代です。概算ですが、実際はもっと多く節約できていると思います。

今回の記事のポイントは、

  • 図書館を活用してお金を節約しよう
  • 読書の質と量を飛躍的に向上させる読書法を学ぶ

の2点です。

節約だけではありません。

本はあまり読まない人、本は必ず買いたい人。そんな人にこそ読んでもらいたい。

図書館を活用したびずぷら流読書術をご紹介します!

はなえる
はなえる
エンジェル投資入門は・・・( ̄  ̄;)うーん
びずぷら
びずぷら
節約したお金でエンジェル投資を始めましょう。30万円なら2社は行けますよ!
あわせて読みたい
ふるさと納税
【3万6千円節約】iPadを2千円でゲット!ふるさと納税で賢く税金を納めるこんにちは、節約家のびずぷらです。 年末に近づくと話題になる「ふるさと納税」 ふるさと納税をまだ始めてないのであれば、この記...

図書館活用のススメ

突然ですが、結婚とは驚きの連続です。

その驚きの一つに「嫁が図書館に通っている」という発見がありました。ちなみに嫁は毎日1冊は必ず読むほどの本好きです。

結婚前のびずぷらは本は自分への「投資と思って、積極的に購入するタイプでした。しかし嫁の影響を受け、図書館に通うようになりました。

これが意外と良いのです。当然、お金の節約という点もあります。

しかし、それだけではありません!

  • 知識を劇的に増やす読書法ができる
  • 環境によい(エコ)

けっしてお金だけじゃないのが、びずぷら流読書術のポイントです!

最近の図書館はとっても便利

図書館といえば「図書カード」という古い世代のびずぷらですが、最近の図書館は実にハイテク(死語)になっています。ざっと下記の感じです。

  • WEBで予約ができる
  • 別の図書館から本を取り寄せできる
  • 置いてない本はリクエストして買ってもらえる
  • 近くまで届けてくれる(日付限定ですが・・)

あくまで、びずぷらが住んでいる地区の市立図書館の例です。他の地域の図書館も似たようなものだと思います。

気になる本はWEBで予約します。準備ができるとメールが届くので、その後に取りに行けば大丈夫です。市内の別の図書館にある本も、自宅近くの図書館まで取り寄せてもらえます。図書館に行って、本があるかどうか探す必要はありません。

いまどきの図書館はとっても便利です!

書籍代の節約

当たり前ですが、本を買わずに借りるので書籍代の節約ができます。

年間30万円も本を買う人は少ないかもしれません。「たまたま読書好きなんでしょ」と思った人も多いのではないでしょうか?

もちろん、それもあります。が、それだけではありません。

ここに、びずぷら流読書術のポイントがあリます。

はなえる
はなえる
ここから読書の質と量を向上させる「びずぷら流読書術」について語るよ(^○^)/

びずぷら流読書術のススメ

びずぷら流読書術のポイントは、下記の2点。

  • 買わない本を読む
  • 高速サイクルで本を読む

読書の質と量を飛躍的に向上させる読書法です。

この読書法には図書館の活用が必要不可欠です。

ここで本を買う人の典型的な行動パターンをみてみましょう。

  1. おすすめの本を徹底的に探す(ネットで検索 or 本屋で立ち読み)
  2. まずは1冊買ってみる
  3. つまらないと思っても、もったいないから最後まで読む
  4. 読みきれないと積読になって放置される

せっかく買った1冊を大事な本だと思い込み、読み切るために無駄な時間を使う。もしくは買っただけで満足して放置される。このようなことがおきます。

びずぷら
びずぷら
昔のびずぷらの姿ですけどね( ´△`)

 

びずぷら流読書術では、下記のように行動します。

  1. おすすめの本をサクッと探す(ネットで検索)
  2. 気になる本を全て借りる
  3. つまらないと思ったら、読むのをやめる
  4. 必要な箇所だけ読んで返却する

圧倒的な量に触れる。

量をこなすために無駄をスパッと切り捨てる

これが、びずぷら流読書術です。ぜひ、この読書法を学んでください。

はなえる
はなえる
読書法の概要は以上です。もう少し詳細を解説するから、付き合ってね

「買わない本を読む」ということ

本は必ず買うというタイプの人でも、手当たり次第買う人は少ないと思います。現実には本を買うのに2つの問題があります。

  1. お金の問題
  2. スペースの問題(本の保管)

読み終わったらすぐに売ってしまうとか、Kindleのような電子書籍によってスペースの問題は解消できるかもしれません。それでも、気になった本は全て買うという人は少数派だと思います。

つまり多くの人は何らかの制約で「買う本=読む本」を制限していることになります。

だから、良い本を買いたくてネットで徹底的に検索し、書評を読み込み、これだと思う本を探します。そのため、

  • せっかく選んだ本は、良い本だと思い込んでしまう
  • 時間をかけて選んだので、買っただけで満足してしまう

これは本当にもったいない。

とてもためになる貴重な本を、買わずにいるかもしれません。

同じ領域の本をまとめて読む

新しい領域を勉強することを想像してください。仮想通貨でも歴史でも心理学でも、なんでも良いです。このとき複数の本を短サイクルで読んでインプットを増やすことが重要です。

複数の本を続けて読むと、内容を比較して整理することができます。どの本にも書かれている内容は、その分野のベーシックかつ重要なポイントだとわかります。

これだけのことで「読書の質」が圧倒的に向上します。

本を買う人は、まずは1冊だけ買うと思います。びずぷら流は一気に借りて、一気に読みます。(予約が埋まってない限り)

手にした本が自分と合わない可能性もあります。1章だけは簡単だったのに、2章以降は初心者には難しすぎて挫折するもしれません。

その時は2冊目を読みます。

 

そもそも自分が興味を持てない分野かもしれません。

たとえ村上春樹が大好きでも、この本だけはちょっと違うと思うかもしれません。

その時に図書館で借りた本なら、読むのをスパッとやめて次の本に移ることができます。やめることへの抵抗感は、買う場合に比べて圧倒的に少ないはずです。

自分が興味を持てる本、今の自分に必要な本に注力して何冊も読む1冊全てを読むのではなく、興味のなる一部だけでも良いです。これで読書の質を向上させましょう!

小説の場合は、最初から読むので、一部だけというのは難しいかもしれません。でも、つまらないと思ったらすぐやめてしまいましょう。他にもあなたが面白いと思う本はいくらでもあるはずです。

高速サイクルで本を読むということ

本を大量に高速サイクルで消化する。それがびずぷら流の読書術です。

  • つまらない、読むのがつらいと思った、その瞬間に返却する
  • 必要な箇所だけ読む。途中まででOK
  • 時間の制約の中で集中して読む

本を最初から最後まで読むという呪縛から逃れましょう

面白い・興味があるところだけを読みます。

ドンドン借りて読んでください。いつやめても大丈夫です。

特にビジネス書では最初のページから読む必要はありません。すでに自分が知っている内容が書いてあることも多いです。そんなところは読み飛ばして大丈夫です。

最初から読むというクセを持っている人が多いと思いますが、びずぷら流では厳禁です。目次を読んで、必要なところにサクッと移りましょう。

ひょっとしたら大事な箇所を読み飛ばしてしまうかもしれませんね。でも、そんな細かいこと気にしても仕方ありません。

じっくり読んだけど、ほとんど得るものがなかった、という時間を消費するリスクの方が圧倒的に大きいです。

そうは言っても新しい分野の一冊、自分があまり知らない内容は比較的丁寧に読みます。何冊かをながめて、良さそうな本を見つけて丁寧に読む。2冊目以降は流し読みというスタイルを取っています。

小説の場合も大丈夫

小説だと全部読まないと意味がないと思ってませんか?

そんな人に質問です。小説の内容、どれだけ覚えてますか?

具体的に先月読んだ小説や、思いついた小説で考えて見てください。意外と覚えてないですよね。

  • トリックは覚えてるけど、登場人物は忘れたミステリー
  • 面白かったけど、何が面白かったか語れない小説

みんな、こんなものなので安心してください。

最初の50ページしか読んでない小説でも、友達との会話で「あの本読んだよ」って言って大丈夫です。友達もほとんど覚えてないはずです。

それよりも高サイクルでドンドン読んで、本当に自分が面白いと思う本を探しましょう!

積読よ、さようなら

図書館で本を借りる場合、返却期限があります。私の地区では2週間です。予約が入ってない本の場合は延長もできますが、基本は2週間以内に返却します。

返却期限つまり時間の制約があるのです。どんなにゆっくり読んでも、2週間後には返却しないといけません。

だらだら読んでいる時間はありません。

集中して読みましょう。

それでも2週間で読みきれないかもしれません。そんな本は自分とは縁がない本だと割り切りましょう。他にも本はたくさんあります。

はなえる
はなえる
次はいよいよ実践編です。驚きの読み方をご紹介します

びずぷら流読書術実践編|図書館に適した本選び

最後にびずぷら流読書術の実践です。こんな本を読んできた、こんな読み方をしているというのを具体的な事例をあげて紹介します。

旅行雑誌

国内旅行に行くときの定番の雑誌に「るるぶ」「まっぷる」「ことりっぷ」があります。どれか一つを買って持って行く人が多いでしょう。

びずぷら流は、もちろん全部借ります。四国旅行の時には、下記を借りています。

  • るるぶ四国
  • るるぶ高知
  • るるぶ香川
  • るるぶ愛媛
  • ことりっぷ高知
  • ことりっぷ愛媛
  • まっぷる四国

実際の旅行中は「るるぶ四国」一冊だけ持っていきました。

18年版・17年版など年度ごとにあるので、場合によっては複数借りることもあります。(新しい版は予約がいっぱいのことが多いです)

こども向けの本

意外かもしれませんが、子供向けの本を借りることが多いです。

理由は明確で、内容が簡単で整理されているからです。

自分が詳しくない分野について学ぶには最適です。なかなかこういう本は子供がいないと買えないですよね。(そして買うと意外と高い)

読み切る自信のない本

難しい本にも、ぜひチャレンジしてください。

今まで読まなかった分厚い本など、買っても読まないかもしれません。

でも借りてみるのは無料です。読みきれなくても大丈夫。つまらなかったり、わからなかったら返却しちゃいましょう!

まとめ

目覚め

今回は図書館を使って書籍代を節約をする、そして図書館を活用した質と量を向上させる読書法を紹介しました。

最近の図書館は便利になっています。ドンドン図書館を使って、今まで買うことに躊躇していた本にもぜひトライしてみてください。

それでは。

はなえる
はなえる
節約したお金で投資を始めませんか?
あわせて読みたい
14万円から始めるエンジェル投資入門
【導入編】14万円から始めるエンジェル投資入門ベンチャー企業への投資なら株式投資型クラウドファンディングがオススメです。エメラダではわずか14万円でプロ投資家の案件に相乗り投資できます。さあ、エンジェル投資家デビューをしてベンチャー企業を応援しましょう!...
ABOUT ME
びずぷら
びずぷら
エメラダでエンジェル投資をはじめました。まだまだマイナーな投資方法ですが、ニッポンのために盛り上げていきたいと思います! 本家のサイトでは思考力・行動力・マネジメントについて本気で書いています。
プロの投資家へ相乗り投資 エメラダ・エクイティ

エンジェル
エンジェル投資を始めるなら、エメラダ・エクイティが絶対おすすめ。14万円から開始できます。

きっと、あなたの応援したくなるベンチャーが見つかるはず。さあ、熱量のある投資を始めよう!

今すぐ始める

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です